格安スマホNO.1のIIJmioがスマホセットを発売!

格安スマホの中でも、お客様満足度No.1のIIJ(インターネットイニシアティブ)がなんと、スマホセットを2015年7月7日に発売すると言う衝撃的な事件が発生します。

 

これが何故に衝撃的なのかと言いますと、

IIJmio(みぉふぉん)は一次MVNOであり、ユーザーの回線に対して一定の幅を持たせています。

どこにいても高速通信ができる安心感で通信品質満足度でも、第三者の機関が調査した中でもNo.1となっていて、IIJ mio利用者の満足度が最も高く70.8%のユーザーが満足していると答えています。

格安スマホに満足

この様にユーザーが満足する結果が出ているIIJmioが今まではSIMのみの提供でしたが、いよいよスマホセットを発売するというから、目が離せない事は間違いありません!

HUAWEI Asend P8 liteで始動!

このHUAWEIと言うメーカーは私も使用しているのですが、中国製だからと言って舐めては行けません!

自分が使ってるのが、Asend mate 7と言う機種なんですが、動き、ネットもサクサクであります!それまでiPhoneを使ってましたが、正直iPhoneよりは動作も速いです。

今回発売されるHUAWEIのAsend P8 liteは3万円未満でオタクコア(脳みそ8個)でメモリが2GBという、非常にコストパフォーマンスが良く、バランスが良い機種です。

HUAWEI P8lite

簡単に説明すると、野球選手で走攻守でバランスが良い選手が年俸が安くトレードできる感じです。メモリも3GBを搭載しなかったのは、バッテリー持ちを考えたからだと感じます。

ディスプレイも5インチと、最近流行のファブレットみたいに大きく無く、持ちやすくて良い機種です。このコストパフォーマンスの高さから、格安スマホ提供業者が揃って提供しているみたいです。

Asend P8 iliteを提供している主なMVNO

  • nifty(ニフモ)
  • 楽天モバイル
  • DMMモバイル

等が発売しています。これから先はもっと発売されるかも知れませんね!それだけコスパが良い機種で安く提供できると言う訳なんです。

IIJmioが提供する事に意味があるのです!

良く見て下さいね!このHUAWEI Asend P8 liteを発売しているのは、ほとんどが二次MVNOです。直接ドコモ等から回線を借りている一次MVNOであるIIJが提供する事の意味が分かりますか?

ドラフト1位

ドラフト1位の選手が草野球で投げる見たいなものです!

IIJは上記でも説明した通りに回線に一定の幅を持たせています。安定して繋がる事業者である事は間違いありません。お客様満足度もNO.1です

SIMお客様満足度

そんなIIJ(みおふぉん)が提供すると言う事は、重大事件になる上に他の格安スマホ事業者も、焦っているのかも知れません。

スマホセットの料金は?

ここが一番気になる所と思いますが、IIJmio(みふぉん)はユーザー目線の事業者ですから、NO.1にあぐらをかいている訳ではありません。

なんと、スマホ+音声対応SIM付きで、月額2880円(税抜)で予定しています!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

受付は2015年の7月7日の七夕です。

受付予定

しかもスタートキャンペーンもやる見たいですので、IIJから今後は目を離せなくなります。

参考記事 ➡ IIJmioのスマホセットが発売されました!

失敗しない格安スマホを手に入れたい方は7月7日は要チェックです。

公式サイト→IIJmio SMS機能付きSIM 3GB 1,040円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください